FPコラム・住宅ローン「借入可能額」と「返済可能額」どちらで選んでますか!

FP熊谷のお役立ち情報!

住宅ローン 「借入可能額」 と 「返済可能額」 どちらで選んでいますか!

借り入れ可能額とは・・・
あなたの収入では、いくらまで借り入れができるので、この物件の購入は可能です・・・と金融機関や不動産会社の立場から見た、借り入れ可能な金額のことです。

収入と返済負担率(収入に対する返済額の割合が25~40%など)などから計算していきます。
借り入れ可能額で住宅ローンの利用が可能であっても、数十年にわたり、無理なく返済できるかどうかは、別問題です。

返済可能額とは・・・
返済可能額とは、無理なく返済できる支払額のことである。
借り入れ側の立場から考えた金額のことです。

返済可能額を求める目安は・・・
現在の住居費(家賃や駐車場代など)+ 住宅購入用に積み立てている毎月の貯蓄額

上の2つの合計額から、購入後の物件にかかる経費を引いた金額(固定資産税や、管理費、修繕積立金など)が毎月の返済に無理なく当てることができる金額となります。

現在の毎月の返済額が問題がなくても、将来的な生活に支障がないか、さらに考える必要もあります。
○借入期間は、無理が無いか。
○今後、金利が上昇した際に返済ができるか。
○その他の出費が増えた時にも返済できるか。

借り入れ可能額と返済可能額の違いが解りましたか。 住宅ローンを無理なく組むためには、ぜひ、返済可能額から考えてみてください。

保険見直しポイント解説