万が一のための生命保険の掛け方!必要保障額の計算方法!

必要保障額とは

必要保障額とは!

必要保障額とは、一家の大黒柱である方に、万一のことが起きた場合に、残されたご家族が十分な生活をしていくのに、必要な保障金額の事です。

必要保障額計算 


グラフにすると次のようになります。

(例)夫35歳 会社員、妻35歳 専業主婦、子供2人のケース

必要保障額

夫の万が一の時に、残された妻と子供2人が、今後生活していくのに必要な支出の合計額を計算します。
グラフにすると、支出の合計額は、約1億円もあります。

しかし、万一の場合に、準備されている収入もあります。
公的保障である、遺族年金はいくらぐらいもらえるでしょう。



必要保障額

万が一の場合に、保障される、遺族年金を、先ほどの支出の合計グラフから、引くとこんな感じです。
グラフを見るとわかりますが、必要保障額は下がります。

さらに、準備されている収入がないか確認していきます。



必要保障額

準備済み資金以外でも、ライフスタイルの考え方を変えると必要保障額は下げられます。
現在専業主婦の妻が、夫の万が一の時には、お仕事をすることも考えると思いますが、
たとえば、万が一の時には、パート勤務で、収入を毎月10万円は確保できそうだと考えて、計算すると、上のグラフのように、さらに、必要保障額は下がります。

このように、本当に必要な保障額を見極めてから、保険見直しを考えることで、無駄のない保険選びが可能になります。

保険見直しポイント解説