住宅ローン減税!

FP熊谷のお役立ち情報!

住宅ローン減税!

住宅ローン減税とは、住宅を購入するときに、住宅ローンを利用した場合、年末の住宅ローン残高に応じて一定額を所得税から減税する制度です。
住宅入居時期により、最大控除額が異なります。
合計所得額が、3、000万円以下の方が対象になります。

一般住宅の場合・・・
<対象条件>
次の借入金の年末残高(償還期間が10年以上必要です)
(1)住宅の新築・取得
(2)住宅の取得とともにする敷地の取得
(3)一定の増改築

<対象住宅>
(1)新築住宅は、床面積50㎡以上の物件
(2)中古住宅は、床面積50㎡以上の物件で、建築後20年以内(耐火建築物は25年以内)か地震に対する安全な基準に適合すること。
(3)増改築の場合は、床面積50㎡以上の物件

居住年 控除期間 受託借入金等の年末残高の限度額 控除率 最大控除額
平成21年 10年間 5、000万円 1.0% 500万円
平成22年 5、000万円 500万円
平成23年 4、000万円 400万円
平成24年 3、000万円 300万円
平成25年 2、000万円 200万円

 

長期優良住宅の場合・・・
<対象条件>
次の借入金の年末残高(償還期間が10年以上必要です)
(1)認定住宅の新築・取得
(2)認定住宅の取得とともにする敷地の取得

<対象住宅>
(1)新築住宅は、床面積50㎡以上で、認定住宅の物件

居住年 控除期間 受託借入金等の年末残高の限度額 控除率 最大控除額
平成21年 10年間 5、000万円 1.2% 600万円
平成22年 5、000万円 1.2% 600万円
平成23年 5、000万円 1.2% 600万円
平成24年 4、000万円 1.0% 400万円
平成25年 3、000万円 1.0% 300万円

 

所得税から控除できない場合は、住民税から97、500円を上限に控除することができます。

保険見直しポイント解説