FPコラム・住宅ローン選びはトータルコストで比較を!

FP熊谷のお役立ち情報!

住宅ローン選びは、トータルコストで比較を!

住宅ローンには、金利以外に、負担する諸費用には、どのようなものがあるのか。
住宅ローンにかかる諸費用のお話です。

住宅ローンには、金利以外にもお金がいろいろとかかります。
団体信用生命保険・・・
住宅ローンの借り入れの際に、生命保険をかけます。
任意加入のケースもありますが、ほとんどの場合、 団体信用生命保険の加入が借り入れ条件になっています。
支払い途中に、お亡くなりになった場合に、 住宅ローン借入額が保険会社から支払われるので、 住宅ローン債務は消滅します。
団体信用生命保険の保険料ですが、 住宅ローンの借り入れ金利にあらかじめ上乗せされているケースや、 金利とは別に、毎年保険料を支払うもの、 金融機関が負担するものなどがあります。

住宅ローン手数料・・・
銀行など金融機関に支払う住宅ローンの事務手数料です。
こちらも、金融機関によって手数料の決め方は違います。
一律、31,500円など定額の手数料、借入額の2.1%など、 借入額より手数料額を決めるケースがあります。

保証料・・・
信用保証会社への保証料です。
こちらも、金融機関ごとに異なり、多くの場合には、 1000万円あたり20万円程度の保証料がかかります。
金融機関によっては、保証料を無料にしている所もあります。

金融機関によっては、このような諸費用に違いがあるので、 住宅ローンを比較する際には、トータルの支払いコストを、 諸費用を含めて比較する必要があります。

必ずしも表面金利が低いほうが借り入れに有利というわけではないかもしれません、 諸費用を含めたトータルコストから、住宅ローンの比較をしてみましょう。

保険見直しポイント解説